○○リフォーム世代2

私自身は自宅のバリアフリーに悩んでいる最中なのですが、友人は自身の顔や身体パーツのリフォームに興味があるようで、最近のお茶会では話が、全く噛み合いません。私自身も余裕があれば、顔や身体のパーツをリフォームしてみたいのですが、優先順位でいいますと住宅リフォームを急がねばならない状況です。先日、バリアフリー化の住宅リフォームの手順について、両親の介護などでお世話になっているケアマネージャーに相談してみたところ、様々なリフォームに関する補助金制度の情報を頂きました。これはありがたいと思いますが、各自治体などによって、補助に関する内容が異なるようで、申請にはまだまだ勉強が必要のようです。現在、住宅のリフォームで悩んでいるのは、どことどこをリフォームするとかといった問題と、どこを優先的にリフォームを開始するべきなのかといったような、リフォーム計画や将来の展望がみえていないのが悩みの種となっています。家族の高齢化による、バリアフリーを目的としたリフォーム計画なのですが、結局、あれもこれもといった形で、家族からも様々な要望があるもので、何を優先するべきなのか、全く先が見えなくなってしまいました。同年代の友人にリフォームについて相談してみると、顔や身体のリフォームだと勘違いされてしまう始末で、本筋の住宅問題の相談をする機会にも恵まれない状況であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です